FieldAccessを入れてみた

ずっと懇意にしていただいてる某山岳会のSJさん、SKさん、Yさんと談義してあまりにうらやましくなってしまったiphoneのアプリ「Field Access(400円)」
早速インストールしてみました。

20150222_04

いつも僕が利用しているGPSは、Garmin社のetrex30J。

普段は僕は自然の中を歩くときの現在位置確認とルート確認にのみGPSを利用してまして、帰宅後にログを見たりという利用は全くやっていません。

が。。。
結構人のログを参考にさせていただいて山に行ったり、沢に出かけたりと、人のを使ってる以上、たまには自分のログも載せるべきかなと。。。

というよりも、人の為じゃなくて自分でログを取って遊んでみるのも面白いかなというのが一番の理由なのですが。

なにより、以前に行った場所を意外と忘れてたり
「あそこの、どこそこに、●●があったよなー」なんていう曖昧な記憶で出かけて、あいまいな記憶に振り回されてしまう事が多いので、そういうのの防止にも良いかなと(恥)

で、早速インストールしてみました。

20150222_03

操作方法は簡単。少し慣れてしまえば、誰でも使えるようなレベルです。ただし、インストールしたものの、なかなか休みがないもので、実際に自然のフィールドで利用するのは少し先になるような気もしてます。
とりあえず試しに職場の周りをまわってみても、簡単に使えました。

肝心な地図は、普段山に入る人であれば見慣れている25,000分の1の地形図。上の画像じゃ現在地などは表示されてませんが、しっかりと歩いた奇跡やルートも確認できますし、写真を撮ればその写真も地図上に表示可能。

あらかじめ歩く区域の地図を携帯にいれてしまう事で、電波の届かない場所でもGPSが利用できるという事で、非常に使い勝手の良いアプリだなと。。。

こういうのって、普段から利用してないと、気づいた時には「え!?こんなに便利な世の中なの!?」という浦島太郎状態になっちゃうので、ちょっと使ってみようかなと思ってます。

心配なのはバッテリの持ち時間と濡らさないかってとこですが、某山岳会のみなさんは予備バッテリも携帯しているとの事で、僕もとりあえず予備バッテリを持って次回遊んでみようかなと思ってます。

地図とコンパスで読図出来なきゃね。なんて人も居ますが、そこまでガッツリやってる人だけじゃないわけで。。。
機械を信用し過ぎず、自分の力も過信せず。が大事なのは当然ですが
何より、GPSを購入しようとすると10万弱はかかるわけで、それがスマートフォンで代替出来れば、安全に遊ぶ事にもつながりますよね。
「AR山」といい、この「Field Access」といい、自然の中でこういうのを使って、もっと安全に楽に楽しめるのは良い事だと個人的には思っています。

某山岳会の皆様に感謝です。
ありがとうございます!!!

アプリ詳細はこちら
http://dendrocopos.jp/fieldaccesshd/
※ぶっつけ本番で自然の中で使わないで、事前に操作方法とか確認してくださいね。
まずは知ってる山とかで使ってみてくださいませ

1件のコメント

  1. ピンバック: 散策 | shogolog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です