里を歩く

あっという間に、もう4月も中旬になってしまいました。
昨年、今年と仕事に明け暮れてか否かは別として、とにかく遊んでない。

毎年、今年は遊ぶぞ!なんて言ってる気もしますが、結局遊べない。
だったら、遊べるときに一生懸命遊ぶのみです。
なんて言い聞かせながら釣りへ。

今年はどうも魚が釣れない。
実は今日ですでに4回目なのですが、釣りをはじめて今年は初めて渓流でボウズという切ない結果もあって、せっかくの休みに魚は釣れないわで、拗ねかけていたのですが、そんなこともあってニジマスがいつも泳いでいる里へと足を運んできました。

ところが、嬉しいことにヤマメばっかりが顔を出してくれて、結果良い一日でございました。
里でおじ様方に挨拶したり、されたり、釣ってるところを眺められたりと、山の中で釣るのとはまったく違う雰囲気でしたが、それも楽しいものでございます。

帰宅したらビックリのサプライズは、熊本は高森に住む大切な友人より、大好きなタラの芽の贈り物。嫁と調理し、美味しくいただきました。
さて、相変わらずバタバタした毎日でございますが、明日もがんばりましょう。

春になれば春のものをいただく。
田舎に来て一番感じている贅沢なことでございます。感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です